前へ
次へ

家族葬は気遣いが重要

家族葬に関しては一般葬と比較して小さい規模で、案内を行なう範囲も限定できるスタイルです。
コストをセーブしやすく、葬儀のスタイルや中身の自由度も高いため、遺族のリクエストを重んじやすい葬儀といえます。
しかしながら、葬儀参列の案内を行なわない人に向けての配慮も大事になってきます。
参列しない人に、お別れをしたい人間がいるかも知れないためです。
理由の説明はきちんとして、あとになって問題にならないよう気をつけなければなりません。
頭数が絞り切れず参列者の数が非常に多くなりそうなケースや、見積もりのコストが高くなると思われるときは一般葬を考えるのもひとつの選択肢です。
納得できる葬儀を実行するためにも、信頼することができる葬儀会社を選ばないといけません。
その一方、家族葬に参列するか否かの判断は、案内があるか否かを参考にして考慮すると賢明でしょう。
スケジュールや場所の案内がないと控えるのがエチケットです。

Page Top