前へ
次へ

家族葬が選ばれる要因

家族葬が選択されるようになった最も大きな要因は、時の移り変わりによって生じる価値観の変移といえます。
近所や親類縁者というような地縁や血縁の希薄化であるとか、少子高齢化が進み、参列してもらうことが困難になったこと、何にも増してスタイルにこだわらない価値観が重んじられるようになったことが影響を及ぼしています。
そのほか、生前、故人と関わりのあった方たちのみで、最後の時間をじっくりと過ごすことができること、或いは人数が限定されている分だけ、葬儀に伴う手間や必要となる費用が削り落とせるという拠り所をあげる人もいます。
それに加えて、気心が知れた近親者での葬儀と化すため、一般葬とは相違して、スタイルに固執することなく、故人、あるいは遺族の想いを表わした、イメージしている葬儀が可能にしやすいというオリジナルのメリットもあります。
こうした様々な理由により、家族葬を選択する人が増えてきていると考えられます。

Page Top