前へ
次へ

家族葬でのメリットとは

葬儀を執り行う時には、まずどの程度の規模にするのかを明確にしておく必要があります。
近年では家族葬に注目が集まっており、ニーズを高めていることは間違いありません。
一般葬では急なお別れで気持ちの整理がつかない状態のなかで、参列者の人数を考えて会場や食事などを手配したり、香典返しの準備を行ったりと、決めなくてはならないことに追われてしまい、精神的な負担はかなり大きくなってしまいます。
そんな中で別れも惜しむことができるのかというと、難しいのではないでしょうか。
家族葬は、身内や親族、親しい友人のみの規模の小さな葬儀になるので、準備にかかる時間も手間も大幅に軽減させることができます。
周囲に気を遣うこともないので、故人をしっかりと見送ることができます。
アットホームであり精神的な負担と金銭面での負担との、両方を軽減させることができるのは、かなり大きなメリットであり、葬儀を執り行う際の選択肢の一つに入れておくべきです。

Page Top