前へ
次へ

家族葬はゆっくりとした別れができる

一般葬儀では、本当に故人との別れを惜しみたいと考えている近い存在の人が葬儀を執り行うことになるので、会葬者に対して気を使っていたり対応に追われている間に、葬儀がバタバタと進んでいってしまうということが大半です。
その点家族葬は、故人とゆっくりお別れができる他いうのが大きな魅力ではないでしょうか。
一般葬の場合、家族は故人を失った悲しみの中で葬儀を取り仕切らなくてはならず、参列者の対応にと追われることになり、故人とゆっくりお別れすることができず後々後悔するというケースは珍しくはありません。
家族葬となれば、身内や親族、親しい友人など本当に親しい少人数で行うことになるので、ゆっくり故人を偲びたいという人にもぴったりです。
アットホームであり規模が小さな葬儀に対する理解も、時代の流れとともに深まってきているので、今後さらに需要を高めていく方法ということは確かであり、悩んだ際には選択肢の一つに入れておくようにしましょう。

Page Top